事前のお知らせ

攻略本レベル0 チュートリアル

チュートリアル:ステップ6:スイッチと条件分岐後編 #RPGツクールMV

以下は、チュートリアルの内容を文字起こししたものです。

ヘルプ -> チュートリアル

ステップ6:スイッチと条件分岐後編

※注意※想定外の動作を行ってチュートリアルが進行してしまった場合、「ヘルプ」から「チュートリアル停止」を選択することで、またチュートリアルを最初からやり直すことができます。

ステップ5を完了したプロジェクトを持っていますか?

ステップ5のプロジェクトを読み込みます。

ステップ5のプロジェクトを選択。
プロジェクトはドキュメントのGamesフォルダにあります。

プロジェクトの読み込み完了。

それでは、チュートリアルを始めます。

このステップでは、前のステップを改変し、
条件分岐についてより深く学びます。

ステップ5でもスイッチで判定しました。
一方、スイッチを使わず
直接「ポーションを持っているかどうか」で判定することも可能です。
実際に作ってみましょう。

薬をくれる女性(23,22)をダブルクリック。

2ページ目を開きます。

出現条件をスイッチからアイテムに変更します。
スイッチのチェックをはずします。

アイテムにチェックを入れます。

「0001ポーション」になっているのを確認。
これを所持している時に成り立ちます。

1ページ目を開きます。

「スイッチの操作」は不要になったので、削除します。
右クリックで「削除」を選択。

これで「ポーションを持っていない時に何度でもくれる」ようになりました。
OKをクリックし、確定。

次に薬の所持を判定する男性(25,22)をダブルクリック。

条件分岐の条件を変更します。
右クリックで「編集…」を選択。

タブの4ページ目をクリックして開きます。

アイテムをチェックします。

アイテムが「0001ポーション」になっていることを確認してください。

OKをクリックして変更を確定。

条件が「パーティがポーションを持っている」になりました。

これでイベントの編集は完了です。
OKをクリックして確定。

テストプレイの前に、プロジェクトを保存してください。

実際にテストプレイを行い、確認してください。
ポーションを貰った後、
子供に話しかけ失うとまた貰えるようになった点に注目。

テストプレイが終わったら情報の整理を行います。

アイテムを発生条件にすることで、
スイッチと異なる動作をするのが分かりました。

「一度手に入れたら二度と手に入らない」時はスイッチで、
「何度でも貰える」場合はアイテムで分岐すると良いと分かります。

指定できる条件は、まだまだ多数ありますが、
今後、実際に使いながら学んでください。
ただし一番使う機会が多いのはスイッチです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-攻略本レベル0 チュートリアル
-

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 - FGMG (Fun Game Make Group) , 2022 All Rights Reserved.