事前のお知らせ

攻略本レベル3 プラグイン初級

RPGツクールMVで夜のマップの光源を作る

イベントコマンドの画面の色調変更を使って夜を演出する時に、マップで照明やライトを付けたり、松明を持っている表現をする方法をご紹介します。

今回はプラグインを1つ使います。

サンプルプロジェクト

まとめてZIPダウンロード(8MB)

アニメ付き明かり(tomoaky様作) - TMAnimeLight.js

plugin.fungamemake.com/archives/2357
イベントにアニメーション付きの明かりを灯します。

明かりのサンプル画像

下記からダウンロードして、プロジェクト内の img/system フォルダに入れてください。

照明がつくイベントの準備

マップに照明がつくイベントを作成します。
このイベントIDを確認しておいてください。
イベントIDはイベント編集ウィンドウの左上に「ID:001」等と表示されています。
今回は1です。
「001」と表示されますが、通常の整数と考えて「1」とすると覚えておいてください。

照明をつけるイベントを作成

夜にすると同時に照明を付けるイベントを作成します。

◆画面の色調変更:(-68,-68,0,68), 60フレーム
◆文章:なし, ウィンドウ, 下
:  :暗くなってきたな。
:  :火をおこそう。
◆プラグインコマンド:animeLight 1 TMAnimeLight1 255 0 -12 4
◆セルフスイッチの操作:A = ON

プラグインコマンドの意味は下記のとおりです。

  • コマンド  : animeLight
  • イベントID : 1
  • ファイル名 : TMAnimeLight1
  • 不透明度  : 255
  • X座標補正 : 0
  • Y座標補正 : -12
  • Z座標   : 4

上記で作成した空のイベントID1に明かりをつける動作をしています。

プレイヤーに照明を持たせる

プレイヤーが持って歩く照明を表示します。

◆文章:なし, ウィンドウ, 下
:  :松明を持っていけ。
◆プラグインコマンド:animeLight -1 TMAnimeLight2 255 0 -24 4

ポイントはコマンドの宛先イベントIDです。
今回は「-1」プレイヤーを宛先にしています。

このプラグインコマンドでは、下記になっています。

  • -1:プレイヤー
  • 0:実行イベント
  • 1以上:イベントID

この指定法則は、他のプラグインでも共通のことが多いので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-攻略本レベル3 プラグイン初級
-

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 - FGMG (Fun Game Make Group) , 2021 All Rights Reserved.