素材活用

RPGツクールXPのアニメーションデータをMVに変換

投稿日:

RPGツクールのアニメーション設定は項目が多く、できるだけ既存データを活かしたいところです。
今回はRPGツクールXPのデフォルトを流用できないか、挑戦しました。

Steam版のXPは名称が英語なので、日本語版の体験版(正規版は販売終了)を入れて新規プロジェクトを作成しました。
tkool.jp/support/download/rpgxp/trial

アニメーション規格

XPのアニメーション規格はMVと異なります。
セルのサイズは同じですが、最大セル数がMVは100に対してXPは無制限です。
XPの新規プロジェクトでは100セルを超えるデータはなかったので、今回はこの作業には触れません。

拡張子の変更

XPの新規プロジェクトのデータをVX-Aceにそのまま使用できるか試しました。
基本データ構造が同じものは、拡張子をrxdataからrvdata2に変更するだけで使用できました。

変更なしで使用できたデータ

  • Actors
  • Armors
  • Classes
  • Enemies
  • Items
  • States
  • Troops
  • Weapons

データは見られるが問題があるデータ

  • Animations(グラフィックの指定がなくなる)
  • Skills(プロジェクト操作中にエラーダイアログが出る)

未確認(内容がない)だが可能性の低いと考えられるもの

  • CommonEvents
  • Map001
  • MapInfos
  • Scripts

アニメーションデータをXPからVXへコンバート

このうちAnimationsについては みんと様 がコンバーターを配布してくださっています。
下記から「アニメ変換プロジェクト」をダウンロードして使用します。
mintoroom.saloon.jp/Special.html

自分の環境(Windows10Pro32bit)では添付されている操作方法のメニューが出ませんでしたが、下記の手順でコンバートができました。

  1. プロジェクト内のDataフォルダにコンバートしたいAnimations.rxdataを入れる。
  2. Game.exe を起動。メニューが4つ表示される。
  3. 上から順にEnterキーを押す。
  4. 4つ目のメニューでEnterキーを押すとダイアログが出る。
  5. プロジェクトを閉じる。
  6. プロジェクト内に Animations.rvdata が出来ている。

Animations.rxdata を Animations.rxdata2 に拡張子を変更し、VX-Aceのプロジェクトに入れると、画像の指定がされたものになりました。
ここからMVへのコンバート(なまものぅ様バージョン)を行いました。

処理後データにSE等関連データをまとめたものが下記になります。
RPGツクールMVの新規プロジェクトに上書きすると、そのまま使用できます。

こちらはツクールシリーズのいずれかでユーザ登録を済ませている方ならば、どなたでもご利用になれます。
※現在、RPGツクールXPはサポート対象外となっているため、XPのユーザ登録は必要ありません。
利用規約は「ツクールシリーズ利用規約」のみとなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-素材活用

Copyright© RPGツクールMV初心者的備忘録 , 2019 All Rights Reserved.