GALVシリーズMZ

日本語化パッチ GALV Map Travel MZプラグイン

「ワールドマップ上の選択した場所へ移動できる新しいシーンを作成できるプラグイン」です。

プラグイン本体は 下記ページで英語版が配布されています。
galvs-scripts.com/2020/09/05/mz-map-travel/

本体プラグインと日本語化パッチをダウンロードして、パッチを貼ってください。

ダウンロードはコチラ

海外プラグインの日本語化パッチ使用方法

どなたかのお役に立てば幸いです。

/*:ja
* @plugindesc (v.1.1) 地図上の場所を選択して移動できる新しいシーンを作れます
* @url http://galvs-scripts.com
* @target MZ
* @author Galv
*
* @param varMap
* @text 転送マップ変数
* @type variable
* @desc マップIDを代入する変数。プレイヤーが転送されます。
* @default 1
*
* @param xVar
* @text 転送X変数
* @type variable
* @desc プレイヤーを転送するx座標を代入する変数
* @default 2
*
* @param yVar
* @text 転送Y変数
* @type variable
* @desc プレイヤーを転送するy座標を代入する変数
* @default 3
*
* @param textConfirm
* @text 確認の表示テキスト
* @desc 転送を実行するための確認ウィンドウに表示テキスト
* @default 転送
*
* @param textCancel
* @text キャンセルの表示テキスト
* @desc キャンセルの確認画面に表示される文字列。
* @default キャンセル
*
* @param windowWidth
* @text 確認のウィンドウ幅
* @desc 確認ウィンドウの幅
* @default 180
*
* @param spriteFrames
* @text 位置画像のフレーム数
* @type number
* @desc 位置情報画像のアニメーションのフレーム数
* @default 3
*
* @param frameSpeed
* @text フレーム速度
* @type number
* @desc フレームアニメーションの速度(小さい方が速い)
* @default 10
*
*
* @command createMap
* @text マップの作成
* @desc ゲーム中に呼び出すマップを作成します。
*
* @arg mapId
* @text マップID(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc マップの識別番号(マップIDである必要はありません)
*
* @arg mapImage
* @text マップ画像(必須)
* @type file
* @require 1
* @dir img/maptravel
* @desc 使用するマップ画像の名前を指定します。(/img/maptravel/内)
*
* @arg bgImages
* @text 背景画像(必須)
* @type string[]
* @defalt imagename,0,0,255
* @desc 背景設定のリスト。ファイル名,x座標,y座標,不透明度
*
* @arg fgImages
* @text 前景画像(必須)
* @type string[]
* @defalt imagename,0,0,255
* @desc 前景設定のリスト。ファイル名,x座標,y座標,不透明度
*
*
* @command setLocation
* @text 場所の設定
* @desc 作成した転送マップに場所を作成します。
*
* @arg mapId
* @text マップID(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc 作成したマップの識別番号
*
* @arg name
* @text 場所名(必須)
* @desc リストに表示される場所名
*
* @arg image
* @text 画像名(必須)
* @type file
* @require 1
* @dir img/maptravel
* @desc 使用する場所画像のファイル名(/img/maptravel/内)
*
* @arg mx
* @text X位置(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc マップ画像上の場所のx位置
*
* @arg my
* @text Y位置(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc マップ画像上の場所のy位置
*
* @arg tmid
* @text 転送マップID(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc 転送マップID - 転送するゲーム内マップID
*
* @arg tx
* @text 転送マップX(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc ゲーム内マップのx座標に転送
*
* @arg ty
* @text 転送マップY(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc ゲーム内マップのy座標を転送
*
* @arg desc
* @text 場所の説明
* @desc 場所選択時に表示される説明。|記号で改行します。
*
* @arg f
* @text アニメーションフレーム
* @type number
* @default 3
* @desc 位置情報画像のアニメーションのフレーム。0でプラグインのデフォルトを使用
*
*
* @command openMap
* @text マップを開く
* @desc 作成したIDを選択して転送マップシーンを開きます。
*
* @arg mapId
* @text マップID(必須)
* @type number
* @default 0
* @desc 作成したマップの識別番号
*
* @arg preventCancel
* @text キャンセル防止
* @type boolean
* @on キャンセル防止
* @off キャンセル可能
* @default false
* @desc マップ移動シーンをプレイヤーがキャンセルの可否を指定。防止:true / 可能:false
*
* @help
* 翻訳:ムノクラ
* https://fungamemake.com/
* https://twitter.com/munokura/
*
* 元プラグイン:
* https://galvs-scripts.com/2020/09/05/mz-map-travel/
*
* Galv's
* ---------------------------------------------------------------------------
* プレイヤーがマウスやキーボードを使ってマップ画像上の選択した場所に
* 移動できる新しいシーンを作成します。
*
* 制作者は独自のマップ画像を作成し、
* 基本的なJavaScript(配列や文字列など)を理解できるスキルが必要になります。
*
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* 画像
* ---------------------------------------------------------------------------
*
* 転送マップシーンの画像は、
* 新しいフォルダに配置されています(プロジェクトに追加する必要があります)。
* Project/img/maptravel/
*
* マップ画像は任意のサイズにすることができ、
* マップ転送シーンでスクロールするサイズをコントロールします。
*
* 場所の画像は任意のサイズにできますが、
* 3つのフレームを保持するためには、場所の画像の高さを3x3が必要です。
* 各フレームは異なるタイミングに表示されます。
*
* 上: マップ上のデフォルト
* 中: 場所が選択されている場合
* 下: 位置情報が無効化されている場合
* 場所の画像の例にプラグインのデモを見てください。
*
* プラグインの設定で3つの場所の変数を設定し、
* ゲーム内で他の何かに使用しないようにしてください。
* イベントコマンド'場所移動'で使用するマップID,X,Yの値を保持します。
*
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* プラグインコマンド
* ---------------------------------------------------------------------------
* Step 1. 地図を作成
* ---------------------
* 転送マップシーンで使用する新しいマップを作成するには、
* プラグインコマンドを使用します:
*
* Create a Map
*
* マップで使用するマップ画像、背景画像、前景画像を指定するコマンドです。
* 作成した転送マップを参照するIDを指定します。
*
*
* Step 2. 場所とオブジェクトの設定
* -------------------------------------
* 追加する場所毎に、以下のコマンドを使用して、
* 必要な数の場所をマップに追加します。
*
* Set a Location
*
*
* Step 3. シーンを呼び出す
* --------------------------
* プレイヤーがマップに追加された場所に移動できるように、
* 転送マップシーンを開きます。
*
* Open Map
*
*
* 全て、スクリプトを介して行うこともできます。
* 追加の機能は、スクリプトでも実行できます。
* 詳細については、以下をお読みください。
*
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* スクリプト
* ---------------------------------------------------------------------------
* Step 1. 地図を作成
* ---------------------
* 転送マップシーンで使用する新しいマップを作成するには、
* 次のスクリプトを使用します:
*
* Galv.MAPT.createMap(id,"mapImage",[[bg],[bg]],[[fg],[fg]]);
*
* 情報:
* id = 作成したマップを識別する重複のない番号
* "mapImage" = 使用するマップ画像のファイル名 (/img/maptravel/内)
* この画像は、シーン内のマップのサイズを決定します
* [bg] = マップ画像の背後に背景画像を設定する配列
* 必要な分のbg配列を入れられます
* ["bgimage",xmove,ymove,opacity]
* [fg] = 前景に機能します。使用方法はbg配列と同様です
* ["fgimage",xmove,ymove,opacity]
*
*
* Step 2. 場所とオブジェクトの設定
* -------------------------------------
* 追加する場所毎に、以下のスクリプトを使用して、
* 必要な数の場所をマップに追加できます。
*
* Galv.MAPT.setLocation(id,"name","image",mx,my,tmid,tx,ty,"desc",f);
*
* 情報:
* id = 作成したマップを識別する重複のない番号
* "name" = 場所の名前(参照するためにも使用されます)
* "image" = 使用するマップ画像のファイル名 (/img/maptravel/内)
* この画像は、スプライトシートに3行必要です:
* 上部=通常、中央=アクティブ、下部=無効
* mx = 場所の地図画像上のx位置
* my = 場所の地図画像上のy位置
* tmid = 転送先のゲーム内マップID
* tx = 転送先のゲーム内マップのx座標
* ty = 転送先のゲーム内マップのy座標
* "desc" = 場所を選択すると表示される短い説明。
* 改行を指定する記号に | を使用します。
* f = 場所画像内のアニメーションのフレーム。
* プラグイン設定のデフォルトフレームを使用するには、
* この属性を含めないでください
*
* setLocationを使用して、以前に設定したものを別の名前に変更したい場合、
* 同じ名前を使用して上書きできます。
*
* 場所に加えて、同様に機能する'オブジェクト'を追加できますが、
* スプライトシートには画像が1行しかなく、場所リストには表示されません。
*
* Galv.MAPT.setObject(id,"name","image",mx,my,f);
* Galv.MAPT.removeObject(id,"name");
*
*
* Step 3. シーンを呼び出す
* --------------------------
* プレイヤーがマップに追加された場所に移動できるように、
* 転送マップシーンを開くには:
*
* Galv.MAPT.openMap(id,p);
* マップを開くために上記で設定した重複のないID。
* マップが作成されない場合、何も起こりません。
* p は true/false です。
* true はプレーヤーが転送マップシーンをキャンセルできなくします。
*
*
* その他のスクリプト
* -------------------
*
* Galv.MAPT.hasMap(id)
* 条件分岐'スクリプト'で使用し、
* プレーヤーのゲームでマップが作成されているかを確認します
*
* Galv.MAPT.mapSelected
* シーンが実行された後に条件分岐で使用し、
* プレーヤーが場所を選択したかどうかを確認します
*
* Galv.MAPT.initLocation(id,"name");
* マップシーンの開始位置を特定のマップIDのこの位置に設定します
*
* Galv.MAPT.enableLocation(id,"name",s);
* s は true/false にします。
* マップIDの場所'name'を有効/無効に設定します。
*
* Galv.MAPT.removeLocation(id,"name");
* mapidリストから場所を削除する
*
* Galv.MAPT.editLocation(id,"name","attribute",value);
* 場所を編集
*
* // id = 編集している場合は地図
* // "name" = 編集している場所の名前
* // "attribute" = 編集する属性。 これは次のいずれかです。
* // "image" value = "ファイル名"
* // "mapXY" value = [x,y]
* // "transfer" value = [mapid,x,y]
* // "desc" value = "説明文"
* // value = 変更する値。各属性の値は上記のとおりです。
*
* 例
* Galv.MAPT.editLocation(0,"あなたの邸宅","desc","新しい説明!");
*
* また、次を使用して場所全体を上書きすることもできます
* Galv.MAPT.setLocation(id,"name","image",mx,my,tmid,tx,ty,"desc");
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* ムノクラからの注意事項(v1.1)
* ---------------------------------------------------------------------------
* 転送マップの設定に背景と前景の画像を指定しない場合、エラーになります。
* バグの可能性がありますが、
* 表示したくない場合にはダミーの画像を用意する必要がありそうです。
*
* ---------------------------------------------------------------------------
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-GALVシリーズMZ

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 , 2020 All Rights Reserved.