プラグイン入門

戦闘カスタマイズの定番:YEP Battle Engine Core

更新日:

「YEP Battle Engine Core」は「YEP Core Engine」が入っていなくても単体で動作します。
「YEP Battle Engine Core」はRPGツクールMVのデフォルト戦闘に色々な変更ができるプラグインです。

最新版(英語)のプラグインは下記からダウンロードできます。
yanfly.moe/yep/

日本語訳版は下記からダウンロードできます。

まず、プラグインを入れて変化を確認しましょう。
今回は静止画より動画を見ていただいてから、続きを読んだほうが分かりやすいと思います。
コマンド入力を省くためトリアコンタン様作「AutoBattle」プラグインを入れています。

フロントビュー戦闘

1.パーティメニューを飛ばして、先頭アクターのメニューから始まっている。
2.戦闘中のメッセージ(バトルログ)の多くが省略されます。

サイドビュー戦闘

データベース>システム>オプション
「サイドビュー戦闘を使用」のチェックをオンにしてください。

フロントビューの時の変化に、下記が加わりました。
3.敵が攻撃時に前に移動してくる。
4.攻撃を受けると後ろに下がる。

敵から受ける全体攻撃の違い

プラグイン設定の項目

大きく下記に分かれています。

  • 一般
  • 逃走
  • アニメーション
  • フロントビュー
  • サイドビュー
  • スプライト
  • ダメージポップアップ
  • ティックセッティング
  • ウィンドウセッティング
  • 選択ヘルプ
  • エネミーセレクト
  • アクターセレクト
  • バトルログ

最初のメニューをパーティかアクターか決める

プラグイン設定>ウィンドウセッティング>Start Actor Command

プラグインのデフォルトはアクターコマンドから始まるようになっています。
これを、アクター(true)からパーティ(false)へ変更すると、RPGツクールMVのデフォルトに戻ります。

フロントビューのアクターの表示を変更する

フロントビューだと、アクターの誰が攻撃しているのかが分かり難いですね。
プラグイン設定を見てみましょう。

プラグイン設定>フロントビュー>Front Actor Sprite
NO(false)からYES(true)へ変更します。

戦闘時に敵がフロントビューのまま、ステータス欄の上にサイドビューアクターが表示されました。
攻撃時はアクションをするので、誰がどう攻撃したのかがバトルログが出なくとも分かるようになりました。

戦闘に大きな影響を与える項目

一般>Action Speed

行動順の基本となるスピードを決める式を設定できます。
RPGツクールMVのデフォルトだと「agi + Math.randomInt(Math.floor(5 + agi / 4))」のようですが、プラグインのデフォルトは「agi」となっています。
つまり、各バトラーの俊敏性の順に行動し、ランダム性を排除しています。

逃走>Escape Ratio

逃走の成功率を変更する式を設定できます。
こちらはRPGツクールMVのデフォルトと変わりなく「0.5 * $gameParty.agility() / $gameTroop.agility()」のままです。
ムノクラは逃げられないのはストレスの一因になると考えているので、ここは「100」に変更してしまいます。

逃走>Fail Escape Boost

逃走を失敗した時に、次の成功率を上げる数値を決められます。
100%の逃走成功率に抵抗がある方は、この数値を上げるとストレスが減ると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-プラグイン入門

Copyright© RPGツクールMV初心者的備忘録 , 2019 All Rights Reserved.