プラグイン入門

パーティ編成システム(俗称:酒場)をプラグインで作成

マップとイベントを駆使しても作成できますが、プラグインを使用すると比較的簡単に実現できます。

プラグインの入手

今回は「パーティ編成(アクター預り所)(Izumi様作)」を使用します。

下記からプラグインをダウンロードしてください。
tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=5820

下記、3ファイルです。

  • WD_PartyChange.js
  • WD_PartyChange_Layout1.js
  • WD_PartyChange_Layout2.js

一般的なプラグインでは、プラグインパラメータ(ツクールの設定画面)で詳細設定を行います。
対して、このプラグインはプラグインの詳細設定を行うには、プラグインファイルをテキストエディタで設定箇所を書き換える必要があります。

以降の解説は、可能な限りツクールのエディタ以外の操作を極力減らした使用方法となります。
慣れてきた方はプラグインファイルを編集し、細かな設定をしてください。

プラグイン導入

プロジェクト内の js > plugins フォルダに上記の3ファイルを入れてください。
プラグイン管理画面で下記をONにします。

  • WD_PartyChange
  • WD_PartyChange_Layout1

今は他1ファイル(WD_PartyChange_Layout2)をONにしないでください。

初期設定イベント

アクター加入条件スイッチをONにする

新規プロジェクトではアクターが4名います。
こちら4名全員を入替えられるようにスイッチ(21から24)をONにします。

酒場の作成

マップにイベント作成し、プラグインコマンドで酒場のシーンを表示します。

ここでテストプレイで動作確認します。

パーティ編成画面が表示されました。

レイアウトデザインの変更

プラグイン管理画面で下記をONにします。

  • WD_PartyChange
  • WD_PartyChange_Layout2

他1ファイル(WD_PartyChange_Layout1)はOFFにするか、プラグイン管理から削除してください。

パーティ編成画面が変わりました。

プラグイン設定の解説

酒場で参加できるアクターの設定

スイッチで管理します。
プラグイン設定箇所(WD_PartyChange.js内部)には下記のように書かれています。

//1番のアクターの加入条件 (この場合スイッチ11がONの時、加入可能)
//2番以降のアクターの加入条件は、この数値に1ずつ足したものになります。
var wd_actor1_switch = 21;

こちらはヘルプに誤記があり、正しくは下記だと予想されます。

//1番のアクターの加入条件 (この場合スイッチ21がONの時、加入可能)
//2番以降のアクターの加入条件は、この数値に1ずつ足したものになります。
var wd_actor1_switch = 21;

デフォルト設定では、アクターID1の参加可否がスイッチID21で管理されています。
例えば、加入スイッチIDを11以降としたければ、

var wd_actor1_switch = 11;

と書き換えてプラグインファイルを保存することで設定変更がされます。
ただし、このスイッチIDは以降のアクターIDと同じ連番になるため、アクター人数が明確に定まっていない場合は、大きめの数字に指定しておくほうが無難でしょう。

加入できるアクターの加入スイッチだけをONにし、他の加入スイッチをOFFにすれば、他のアクターは酒場には現れません。
加入スイッチを設定することで、新しいアクターを徐々に酒場に追加したり、酒場に居なくなるアクターを設定できます。

パーティから外せないアクターの設定

デフォルトでは下記のように書かれています。

//アクターの入れ替え不可用のスイッチ
var wd_fix_switch1 = []; //この行は消さないこと
wd_fix_switch1[1] = 6; //6番のスイッチがONの時、1番のアクターは入れ替え(外すこと)不可。
wd_fix_switch1[3] = 7; //7番のスイッチがONの時、3番のアクターは入れ替え(外すこと)不可。

主人公をパーティから外せないようにしたい場合等に使います。
デフォルト設定のままで、アクターID1をパーティから外せなくするには、初期設定でスイッチID6をONにし、そのままOFFにしなければ、実現できます。

編成画面でアクターID1のキャラが半透明になり、パーティから外せなくなりました。

wd_fix_switch1[3] = 7;

の設定が邪魔(スイッチID7を別な用途に使いたい等)な場合、行を削除することで、スイッチID7は自由に使用することができるようになります。

まとめ

このプラグインは上記の説明の通り、詳細な設定をするには、プラグインファイルに直接書き込む必要があります。
より簡易なプラグインも探したのですが、他に良さそうなプラグインを見つけることが出来ませんでした。
海外の方がツクマテに改造方法を聞きに来るくらいなので、海外にも似たプラグインは無いのかも知れません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-プラグイン入門

Copyright© RPGツクールMV初心者的備忘録 , 2020 All Rights Reserved.