GALVシリーズ

日本語パッチ GALV Event Detectors プラグイン Ver1.2

更新日:

こちらは「イベントにプレイヤーとの指定距離内/視覚の180度内にあるかどうかを確認する機能を追加できるプラグイン」です。

プラグイン本体版は 下記ページで英語版が配布されています。
galvs-scripts.com/2016/08/01/mv-event-detectors/

プラグインを使用した作品には Galv 様のクレジット表示が必要です。

本体プラグインと日本語パッチをダウンロードして、パッチを貼ってください。

どなたかのお役に立てば幸いです。


/*:ja
 * @plugindesc イベントにプレイヤーとの指定距離内/視覚の180度内にあるかどうかを確認する機能を追加
 * 
 * @author Galv - galvs-scripts.com
 * 
 * @param LOS Blocking Terrain
 * @desc 視線をブロックするタイルの地形タグID(コンマ区切り)
 * @default 5,6
 * 
 * @param LOS Blocking Regions
 * @desc 視線をブロックするタイルのリージョンID(コンマ区切り)
 * @default 1,2
 * 
 * @param Tile Size
 * @desc 使用しているタイルのピクセルサイズ
 * Default: 48
 * @default 48
 * 
 * @param Search Limit
 * @desc デフォルトの経路探索のチェックの頻度。大きいと遅れが生じ、小さいと戻るのに失敗する可能性があります。
 * Default: 12
 * @default 24
 * 
 * @param --- イベントの動作 ---
 * @desc
 * @default
 * 
 * @param Behavior 0
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default freeze,approach,6,0,3,5,2
 * 
 * @param Behavior 1
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default rand,flee,4,0,4,5,6
 * 
 * @param Behavior 2
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default return,search,6,1,4,5,1
 * 
 * @param Behavior 3
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 4
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 5
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 6
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 7
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 8
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 9
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 10
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 11
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 12
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 13
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 14
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 15
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 16
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 17
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 18
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 19
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @param Behavior 20
 * @desc 感知したイベントの動作
 * moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 * @default
 * 
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *   Galv's Event Detectors
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * イベント感知プラグインです。
 * イベントは特定の範囲内および視界内でプレイヤーを感知できます。
 * 視界は、イベントの前弧で180度です。
 * リージョン、地形タグ、イベントを設定し、
 * プレイヤーの視界を遮ることができます。
 * リージョンIDと地形タグIDは、プラグイン設定を使用して設定されます。
 * イベントブロックの見通し線を作成するには、
 * イベントページ内の注釈に下記のメモタグを入れる必要があります。
 * 
 *   
 * 
 * このタグを持つ有効なページを持つイベントは、視界をブロックします。
 * ページがタグのないページに変更された場合、視界はブロックされません。
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *   Conditional Branch SCRIPT
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 以下のスクリプトコールを使用して、
 * 条件分岐が呼び出された時、
 * イベントがプレーヤーを感知できるかどうかを確認できます。
 * (必要に応じて並列処理イベントで使用できます)
 * 
 *   Galv.DETECT.event(id,dist,los)
 *   
 *       id = 感知対象のイベントID
 *       dist = プレーヤーからのタイル距離
 *       los = 視覚のtrue/false
 * 
 * プレイヤーがイベントの距離範囲内にある場合、trueを返します。
 * losがtrueの場合、プレイヤーが視界内にいるかどうかをチェックします。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *   Event command SCRIPT
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *     $gameSystem._undetectable = x;
 * 
 *       xはtrue/falseです。
 *       プレーヤーを感知しない場合、trueにします。
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 
 * ---------------------------------------------------------------------------
 *   Behaviors
 * ---------------------------------------------------------------------------
 * 行動はイベントの'自律移動'設定の中で、
 * イベントの反応を設定するために使用することができます。
 * プラグインの設定は、以下の設定で設定することができ、
 * 多くの振る舞いがあります。
 * 
 *       moveTypeBefore,moveTypeAfter,dist,los,speed,freq,balloon
 *
 * moveTypeBefore - 感知前のmoveTypes
 * moveTypeAfter - 感知後のmoveTypes
 *
 * moveTypesは次のいずれかです。
 *            approach, flee, search, freeze, rand, return
 *            approach  - イベントはプレイヤーに向かって移動し、
 *                        経路探索はありません。
 *            flee   - イベントはプレイヤーから離れます
 *            search - イベントはプレイヤーが最後に感知された位置に向かって、
 *                     RPGツクールMVの経路探索を使用して移動します。
 *                     '検索制限'はイベントがプレーヤーへの道を
 *                     見つけるか戻るかを設定します。
 *            freeze - イベントが止まります。
 *            rand   - イベントはランダムに移動します。
 *            return - イベントは元の位置を保存し、
 *                     プレーヤーを感知しない場合、この位置に戻ります。
 * dist    = 感知できるイベントからのタイル数での距離
 * los     = 0 か 1... 視覚を使用する場合は1、しない場合は0
 * speed   = 感知中の移動速度の変化 (1-6)
 * freq    = 感知中の移動頻度の変化 (1-5)
 * balloon = イベントがプレーヤーを感知したときに表示するバルーンID
 * 
 * 使い方
 * イベントを設定するには、
 * 自律移動内のカスタム移動ルート内で'スクリプト'を使用する必要があります。
 * 
 *       this.detector(id);
 * 
 * 選択した動作ID(プラグインセットアップの番号から)を使用します。
 * 上記'moveTypeBefore'を選択し、
 * 感知していない時、イベントページの速度と頻度の動作を制御します。
 * 
 * 例についてはデモをご覧ください。
 * 
 * デモの一例です。
 * 下記で、プラグインパラメーター「Behavior 2」で設定した動きをします。
 * 
 * イベントの自律移動>カスタム>ルート>スクリプトに下記を記入します。
 *   this.detector(2);
 * 「動作を繰り返す」のチェックをONにします。
 * 
 * サンプルでは「Behavior 2」が
 * return,search,6,1,4,5,1
 * となっています。
 * 
 * これは下記の意味を指します。
 * moveTypeBefore - return - プレイヤーを感知しなくなったら、元の場所に戻る。
 * moveTypeAfter - search - プレイヤーを追ってきます。
 * dist - 6 - タイル6まで近づくと感知します。
 * los - 1 - 視覚を使用します。
 * speed - 4 - 移動スピードを4(標準速度)にします。
 * freq - 5 - 感知中の移動頻度を5(最高)にします。
 * balloon - 1 - 感知時にバルーンID1を表示します。
 * 
 */

-GALVシリーズ

Copyright© RPGツクールMV初心者的備忘録 , 2019 All Rights Reserved.