YEPシリーズ

日本語化パッチ YEP X Actor Variables プラグイン Ver1.05

「各アクターの変数をステータスメニューに表示できるプラグイン」です。

プラグイン本体は 下記ページで英語版が配布されています。
www.yanfly.moe/wiki/Actor_Variables_(YEP)

プラグイン本体と日本語化パッチをダウンロードして、パッチを貼ってください。

ダウンロードはコチラ

パッチの貼り方は下記記事を参考にしてください。
fungamemake.com/archives/5167

類似機能のプラグイン

どなたかのお役に立てば幸いです。

/*:ja
 * @plugindesc v1.05 (要YEP_StatusMenuCore) 各アクターの変数をステータスメニューに表示できます。
 * @author Yanfly Engine Plugins
 *
 * @param ---一般---
 * @text ---一般---
 * @default
 *
 * @param Command Name
 * @text コマンド名
 * @parent ---一般---
 * @desc ステータスメニューコマンドリストの表示テキスト
 * @default 変数
 *
 * @param ---カラム---
 * @text ---カラム---
 * @default
 *
 * @param Global Column 1
 * @text グローバルカラム1
 * @parent ---カラム---
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト。各変数IDは半角スペース区切り
 * @default 1 2 3 4
 *
 * @param Global Column 2
 * @text グローバルカラム2
 * @parent ---カラム---
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト。各変数IDは半角スペース区切り
 * @default 5 6 7 8
 *
 * @param Global Column 3
 * @text グローバルカラム3
 * @parent ---カラム---
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト。各変数IDは半角スペース区切り
 * @default
 *
 * @param Global Column 4
 * @text グローバルカラム4
 * @parent ---カラム---
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト。各変数IDは半角スペース区切り
 * @default
 *
 * @param Hidden Variables
 * @text 非表示変数
 * @parent ---カラム---
 * @desc ゲーム開始時にステータスメニューからこれらの変数を隠します。各変数IDは半角スペース区切り
 * @default
 *
 * @param ---MV 1.5.0---
 * @text --- MV ---
 * @default
 *
 * @param Global Column 1 1.5.0
 * @text グローバルカラム1
 * @parent ---MV 1.5.0---
 * @type variable[]
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト
 * MV 1.5.0以降で使用
 * @default ["1","2","3","4"]
 *
 * @param Global Column 2 1.5.0
 * @text グローバルカラム2
 * @parent ---MV 1.5.0---
 * @type variable[]
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト
 * MV 1.5.0以降で使用
 * @default ["5","6","7","8"]
 *
 * @param Global Column 3 1.5.0
 * @text グローバルカラム3
 * @parent ---MV 1.5.0---
 * @type variable[]
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト
 * MV 1.5.0以降で使用
 * @default []
 *
 * @param Global Column 4 1.5.0
 * @text グローバルカラム4
 * @parent ---MV 1.5.0---
 * @type variable[]
 * @desc 全アクターに表示される変数のリスト
 * MV 1.5.0以降で使用
 * @default []
 *
 * @param Hidden Variables 1.5.0
 * @text 非表示変数1.5.0
 * @parent ---MV 1.5.0---
 * @type variable[]
 * @desc ゲーム開始時にステータスメニューからこれらの変数を隠します。MV 1.5.0以降で使用
 * @default []
 *
 * @help
 * 翻訳:ムノクラ
 * https://fungamemake.com/
 * https://twitter.com/munokura/
 *
 * ===========================================================================
 * 導入
 * ===========================================================================
 *
 * このプラグインはYEP_StatusMenuCoreを必要とします。
 * プラグイン管理のYEP_StatusMenuCoreの下に
 * このプラグインを置きます。
 *
 * このプラグインを使用すると、
 * アクターデータとして表示するための固有のページで、
 * YEP_StatusMenuCoreに変数を配置できます。
 * これらの変数は、
 * アクター毎にグローバル・個別のソースから取得できます。
 * パラメータにあるグローバルカラムにリストされている変数は、
 * 全てのアクターに対してリストされます。
 * アクターのメモ欄で定義された変数は、
 * 表示時にそのアクターに対して一覧表示されます。
 *
 * ステータスメニューのActorVariablesタブを特定の場所に配置したい場合、
 * StatusMenuCoreのCommand Order(コマンド表示順)パラメータに引用符(')なしで
 * 'Variables'を配置します。
 * 配置されていない場合、自動的にキャンセルの前に追加表示されます。
 *
 * ===========================================================================
 * メモタグ
 * ===========================================================================
 *
 * ステータスメニューに変数を表示するには、次のメモタグを使用します。
 *
 * アクターのメモタグ
 *   <Column x Variables: y>
 *   <Column x Variables: y, y, y>
 *   <Column x Variables: y to z>
 * カラムx(1から4)に変数yが表示されます。
 * yからzまでのメモタグを使用する場合、yからzまでの全ての変数を表示します。
 *
 * ===========================================================================
 * 変数アイコンと表示
 * ===========================================================================
 *
 * アイコンを表示して変数の表示を変更するには、
 * 変数エディタに制御文字などの変数の名前を入力します。
 *
 * i[42]Variable Name はアイコンと変数が一緒に表示されます。
 *
 * 表示されないメモを作成する場合、<< >> の間にメモを配置できます。
 * 以下は例です。
 *
 * Hello <<You can't see me>>World!
 *
 * Hello World!と表示されます。 << >>マーカーがあるためです。
 *
 * ===========================================================================
 * プラグインコマンド
 * ===========================================================================
 *
 * 特定の変数を隠す/表示することを可能にするプラグインコマンドです。
 *
 * プラグインコマンド
 *
 * HideActorVariable 1
 * 変数1をアクターステータスメニューから非表示にします。
 *
 * ShowActorVariable 2
 * アクターステータスメニューの変数2を非表示から表示にします。
 *
 * ===========================================================================
 * Changelog
 * ===========================================================================
 *
 * Version 1.05:
 * - Updated for RPG Maker MV version 1.5.0.
 *
 * Version 1.04:
 * - Plugin fixed to be standalone if you wish to use the x to y notetags.
 *
 * Version 1.03:
 * - Fixed a bug that prevented custom positioning with the Status Menu Core's
 * command order parameter.
 *
 * Version 1.02:
 * - Updated for RPG Maker MV version 1.1.0.
 *
 * Version 1.01a:
 * - Added 'Hidden Variables' plugin parameter.
 * - Added 'HideActorVariable' and 'ShowActorVariable' plugin command.
 *
 * Version 1.00:
 * - Finished Plugin!
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-YEPシリーズ

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 - ムノクラのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.