RPGツクールMZ

RPGツクールMZで戦闘中に立ち絵を表示(戦闘中立ち絵自動表示プラグインの使い方)

RPGツクールMZで戦闘中に立ち絵を表示するプラグインの使いかたを説明します。

こちらはRPGツクールMZ向けの記事です。
RPGツクールMV向けの記事もございます。

サンプルプロジェクト

まとめてZIPダウンロード(11MB)

戦闘中立ち絵自動表示(ルルの教会様作) - LL_StandingPictureBattle.js

plugin-mz.fungamemake.com/archives/1339
戦闘中、各タイミング(コマンド選択時・被ダメージ時・勝利時)で立ち絵を自動表示します。

コマンドのリストを作成

プラグインパラメーターで、アクター毎の表示リストを作成します。
まず、RPGツクールMZのデフォルトのリードを設定します。

「立ち絵リスト(コマンド)」をダブルクリックします。
下記の画面になります。

更に1行目をダブルクリックします。
下記の画面になります。

この中で

  • アクターID
  • 画像ファイル名

だけ設定します。
画像はRPGツクールMZのデフォルトに入ってくるバストアップ画像を選択します。

動作テスト

この状態でテストします。
プロジェクトを保存してから、「戦闘テスト」をします。
データベース>敵グループ>戦闘テスト
です。
※保存しないと、プラグインの設定が反映されません。

デフォルト値でちょうど良い位置に表示されます。

この設定を他のアクターにも設定していきます。

ここでテストすると気づくと思いますが、デフォルトのバストアップ画像は、同じ大きさで切り取られているため、ケイシーのように切れてしまって不自然な印象になるものがあります。

バストアップ画像を立ち絵に交換

これを解消するために、バストアップ画像を立ち絵に交換しましょう。
RPGツクールMZでは、デフォルトで立ち絵が多く付属しています。
下記辺りに入っています。

RPG Maker MZ\dlc\BasicResources\pictures

これをプロジェクトのpicturesフォルダにコピーします。
このままの設定で表示してみます。

座標を変更しなくても、違和感がなくなりました。

座標の調整

しかし、問題が残る立ち絵もあるので、座標を調整します。

ピクチャの座標は計算が煩雑なので、「ピクチャのグラフィカルな位置調整プラグイン」を使用します。
導入方法等は「RPGツクールMZでピクチャの座標をGUIで取得!」の記事を参考にしてください。

問題が一番大きかったアルベールとエリオットの例を挙げます。
この2つの立ち絵は杖が左側に大きく出ていて、座標を移動するだけでは、杖が画面全体を埋め尽くしてしまいます。
そこで、左右反転させてから位置を確定します。

◆ピクチャの表示:#1, Actor1_5, 左上 (408,96), (-100%,100%), 255, 通常

座標を(408,96)にしたのは、Xはデフォルトの解像度の中心です。
0,0にすると、反転した時に画面外に出てしまい、確認できません。
Yは他の表示Y座標に合わせました。
また、拡大率で幅「-100%」とすることで、左右が反転されます。

イベントコマンドのテストで座標を確認します。

アルベールは 1296 辺りが良さそうです。

プラグインパラメーターのX座標を変更します。
この時、「X拡大率」を「-100」にするのを忘れないようにしましょう。

同様の作業でエリオットとローザを変更します。
かなり自然になりました。

ダメージのリストを作成

ダメージを受けたアクターの立ち絵を表示できます。
これには「立ち絵リスト(ダメージ)」を設定する必要があります。

プラグインパラメーターのリストはコピー&ペーストができるので、それを利用します。

完成した「立ち絵リスト(コマンド)」を開きます。

全てを選択して、コピーします。

「立ち絵リスト(ダメージ)」を開きます。

 

貼り付けます。

 

 

これで、コマンド時と同じ設定で、ダメージ時に立ち絵が表示されます。
しかし、ダメージ時のモーションが「右からフロートイン」では不自然です。
また、このプラグインパラメーターはフォーマットが異なるので、再設定していきます。
(共通の項目はデータが残ります)

勝利時のリストも同様にコピー&ペーストから、モーションを変更することで設定が可能です。
座標が引き継げるので、作業が少なくて済みます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-RPGツクールMZ

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 , 2020 All Rights Reserved.