事前のお知らせ

GALVシリーズ:RPGツクールMZ

日本語化パッチ GALV Layer Graphics MZプラグイン

「視差マッピング、フォグ等の画像レイヤーをマップ/戦闘画面に作成できるプラグイン」です。

こちらはRPGツクールMZ向けの記事です。
RPGツクールMV向けの記事もございます。

プラグイン本体は 下記ページで英語版が配布されています。
galvs-scripts.com/2020/08/24/mz-layer-graphics/

本体プラグインと日本語化パッチをダウンロードして、パッチを貼ってください。

ダウンロードはコチラ

どなたかのお役に立てば幸いです。

/*:ja
* @plugindesc (v.1.0) 視差マッピング、霧などの画像レイヤーを作成します。
* @url http://galvs-scripts.com
* @target MZ
* @author Galv
*
* @help
* 翻訳:ムノクラ
* https://fungamemake.com/
* https://twitter.com/munokura/
*
* 元プラグイン:
* https://galvs-scripts.com/2020/08/24/mz-layer-graphics/
*
* Galv's Layer Graphics MZ
* ---------------------------------------------------------------------------
* 開始する前に、プロジェクトにレイヤーフォルダーを作成する必要があります。
* /img/layers/
* これは、全てのレイヤー画像が取得される場所です。
*
* 各マップには多くの画像レイヤーを含めることができますが、
* マップの数が多いほど、ゲームが重くなる可能性が高くなることに
* 注意してください(特に低速のコンピューター/モバイルデバイスの場合)。
*
* レイヤーは作成されると保存されるので、
* プレイヤーがマップに入る前にマップのレイヤーを設定できます。
* レイヤーはマップの作成時に作成されるため、
* 現在のマップで作成されたレイヤーコマンドの場合、
* 'Refresh Layer'プラグインコマンドを使用して、
* 同じマップ上にあるレイヤーを強制的に表示します。
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* プラグインコマンド
* ---------------------------------------------------------------------------
*
* 以下は、使用可能なコマンドとイベントの「プラグインコマンド」です。
*
* Create Layer(レイヤーを作成)
* - 指定されたマップ上のレイヤーの設定を作成します。
* 現在のマップには0を使用します。
*
* Create Static Layer(静的レイヤーを作成)
* - マップに固定する繰り返しのないレイヤーを作成します。
*
* Remove Layer(レイヤーを削除)
* - 指定されたマップ上のレイヤーを削除します。
*
* Refresh Layer(レイヤーを更新)
* - レイヤーを再表示します。
* 現在のマップのイベント内に新しいレイヤーを追加する場合のみ必要です。
* レイヤーを作成した後は使用する必要はありません。
* マップが読み込まれた時、表示されます。
*
*
*
* 引数の説明:
* Map ID
* - レイヤーを作成するマップのID
* Layer ID
* - レイヤー自体のID。
* 既存のレイヤーを変更/削除する場合、IDで参照します。
* Graphic
* - 画像のファイル名(/img/layers/内)
* X Speed
* -水平移動の速度。負の値は左に行く
* Y Speed
* - 垂直移動の速度。負の値は上に行く
* Opacity
* - 画像の透明度(0-255)
* Z Level
* - 画像の優先度。 0 =グラウンド、5 =全てのキャラクターの上
* X Shift
* - プレイヤーの動きとは異なる水平移動シフト
* Y Shift
* - プレイヤーの動きとは異なる縦の動きのシフト。
* XシフトとYシフト=0にしてマップと一緒に移動します
* Blend
* - 合成方法(0=通常、1=加算、2=乗算、3=スクリーン)
* 29まではモードがあるようです
*
* X
* - 静的レイヤーのx位置。
* Y
* - 静的レイヤーのy位置。
* X Anchor
* - 左0、中央0.5、右1-上のX位置に設定されている画像の部分。
* Y Anchor
* - 左0、中央0.5、右1 - 画像の上のY位置に設定されている部分。
* Character
* - なしの場合は0、プレーヤーの場合は-1、特定のイベントの場合は0より上
* Rotate
* - キャラクターが向いている方向に応じてスプライトの回転の指定。
* 回転を有効:1 / 無効:0
* 用意する画像は下を向いている表示になります。
* キャラクターセットがない場合、機能しません
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* 変数機能:vXを入力できます。
* Xは、プラグインコマンドに変数の値を使用する変数IDです。
*
* 例:
* 不透明度の設定にv2を入れると、変数2に保存されている数値が取得され、
* プラグインコマンドが呼び出されたときに使用されます。
* ---------------------------------------------------------------------------
* マップのメモ
* ---------------------------------------------------------------------------
* プラグインコマンドを使用することに加えて、
* 各マップにレイヤーを設定できます。
* マップ設定のメモ欄に以下のテキストを使用して行います。
*
* LAYER ID GRAPHIC XSPEED YSPEED OPACITY Z XSHIFT YSHIFT BLEND
*
* LAYER_S ID GRAPHIC X Y OPACITY Z BLEND XANCHOR YANCHOR CHARACTER ROTATE
*
* 一番上の例は、視差レイヤーを繰り返す場合です。
* LAYER_Sは静的レイヤーを追加します。
* これらのレイヤーは、プラグインコマンドを使用して通常どおり変更できます。
*
* メモ欄のテキストの例:
* LAYER 1 trees 0 0 255 5 10 0 0
* LAYER_S 2 fog 80 64 85 12 0.5 0.5 0
* ---------------------------------------------------------------------------
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* スクリプト
* ---------------------------------------------------------------------------
* 上級ユーザー向け。レイヤーのプロパティには、スクリプトでアクセスできます。
* $gameMap.layerSettings[mapId][layerId].property
*
* ---------------------------------------------------------------------------
*
* ---------------------------------------------------------------------------
* スクリプト - 戦闘レイヤー
* ---------------------------------------------------------------------------
*
* Galv.LG.bLayer(id,'graphic',xspeed,yspeed,opacity,z,blend);
*
* 戦闘レイヤーはこのスクリプトで制御されます。
* プラグインコマンドは使用しませんが、
* 値は上記のプラグインコマンドと同じです(マップIDなし)。
* 一度設定すると、戦闘レイヤーは変更されるまで、全ての戦闘で持続します。
*
* BATTLE Z LEVEL
* - 少し異なります。小数は使用できません。
* 0
* - 敵の後ろ
* 2
* - 敵に等しい(おそらくこれは使わないでしょう)
* 3+
* - 敵の上
*
* レイヤーを削除するには、IDのみを指定して同じ呼び出しを使用します。
* 例:
*
* Galv.LG.bLayer(id);
*
* @param fixPosition
* @text 戦闘シーンの位置修正
* @type boolean
* @on 修正有効化
* @off 修正無効化
* @default true
* @desc 戦闘シーンの左右の隙間をなくします。互換性の問題がある場合、無効にします
*
* @command create
* @text レイヤーを作成
* @desc 指定した設定でレイヤーを作成します
*
* @arg mapId
* @type number
* @min 1
* @default 0
* @text マップID
* @desc レイヤーを作成するマップID
*
* @arg layerId
* @type number
* @min 0
* @default 0
* @text レイヤーID
* @desc 開発中に参照するレイヤーID
*
* @arg graphic
* @default
* @text 画像
* @type file
* @dir img/layers/
* @desc 画像ファイル名(/img/layers/内)
*
* @arg xSpeed
* @default 0
* @text X速度
* @desc 水平移動の速度。負の値は左に
*
* @arg ySpeed
* @default 0
* @text Y速度
* @desc 垂直移動の速度。負の値は上に
*
* @arg opacity
* @type number
* @min 0
* @max 255
* @default 255
* @text 不透明度
* @desc レイヤーの不透明度(0から255)
*
* @arg zLevel
* @default 10
* @text Zレベル
* @desc レイヤーのZレベル(負の値と小数を使用できます) 0=グラウンド、5=全キャラクターの上
*
* @arg xShift
* @default 0
* @text Xシフト
* @desc 視差効果を作成するためにプレイヤーの動きとは異なる水平方向の動きのシフト。マップとともに移動するには0
*
* @arg yShift
* @default 0
* @text Yシフト
* @desc 視差効果を作成するためにプレイヤーの動きとは異なる垂直方向の動きのシフト。マップとともに移動するには0
*
* @arg blendMode
* @type number
* @min 0
* @default 0
* @text 合成方法
* @desc 合成方法(0=通常、1=加算、2=乗算、3=スクリーン)...と明らかに最大29の異なるもの
*
*
* @command createStatic
* @text 静的レイヤーを作成
* @desc 指定した設定で静的レイヤーを作成します
*
* @arg mapId
* @type number
* @min 1
* @default 0
* @text マップID
* @desc レイヤーを作成するマップID
*
* @arg layerId
* @type number
* @min 0
* @default 0
* @text レイヤーID
* @desc 開発中に参照するレイヤーID
*
* @arg graphic
* @text 画像
* @type file
* @dir img/layers/
* @desc 画像ファイル名(/img/layers/内)
* @default
*
* @arg xPosition
* @text X位置
* @default 0
* @desc マップ上の静的レイヤーのx(水平)位置
*
* @arg yPosition
* @text Y位置
* @default 0
* @desc マップ上の静的レイヤーのy(垂直)位置
*
* @arg opacity
* @type number
* @min 0
* @max 255
* @default 255
* @text 不透明度
* @desc レイヤーの不透明度(0から255)
*
* @arg zLevel
* @default 0
* @text Zレベル
* @desc レイヤーのZレベル(負と小数を使用できます) 0=地面、5=全キャラクターの上
*
* @arg blendMode
* @type number
* @min 0
* @default 0
* @text 合成方法
* @desc 合成方法(0=通常、1=加算、2=乗算、3=スクリーン)...と明らかに最大29の異なるもの
*
* @arg xAnchor
* @default 0
* @text Xアンカー
* @desc x値を中心とした画像の位置(左0、中央0.5、右1)
*
* @arg yAnchor
* @default 0
* @text Yアンカー
* @desc y値を中心とした画像の位置(左0、中央0.5、右1)
*
* @arg char
* @default 0
* @text キャラクター
* @desc なしの場合は0、プレーヤーの場合は-1、静的画像が配置される特定のイベントIDの場合は0より大きい
*
* @arg rotate
* @type number
* @min 0
* @max 1
* @default 0
* @text 回転
* @desc キャラクターの向いている方向に合わせて回転。有効:1 / 無効:0
*
*
* @command remove
* @text レイヤーを削除
* @desc マップからレイヤーを削除します
*
* @arg removeMapId
* @type number
* @default 0
* @text マップID
* @desc 削除するレイヤを含むマップID
*
* @arg removeLayerId
* @type number
* @min 0
* @default 0
* @text レイヤーID
* @desc 削除するレイヤーのレイヤーID
*
*
* @command refresh
* @text レイヤーを更新
* @desc 現在のマップでレイヤーが追加/削除された場合にのみ実行する必要があります
*
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-GALVシリーズ:RPGツクールMZ
-

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 - FGMG (Fun Game Make Group) , 2021 All Rights Reserved.