RPGツクールMZ 攻略本レベル1 入門から初級

一度だけ自動実行されるイベントの作り方(セルフスイッチの使い方):RPGツクールMZ・MV

入門者が最初にひっかかると予想される、一度だけ実行されるイベントの作り方を解説します。
この手法はオープニングなどでよく使われます。

宝箱を作る

一番簡単な例は宝箱です。
宝箱は一度開けたら、中身が空で開きっぱなしにならないと困りますよね。

RPGツクールMZ・MVでは「イベントの簡単作成」で宝箱が作れます。
まず、これを作って中身を見てみましょう。

ここで、イベントのページの仕様について解説します。
左上にある「1」「2」とあるのがページの番号です。
その下にある「出現条件」がこのイベントで表示するための条件が決められます。
重要な仕様は下記です。

  • 番号が大きいページが優先して表示される。
  • 出現条件が満たされていない場合、順に番号が小さいページが判定される。

宝箱の例では、最初にページ2の出現条件に注目します。
「セルフスイッチ:A」にチェックが入っています。

最初は、セルフスイッチ:Aが入っていないので、これは飛ばされます。

次にページ1の出現条件を確認します。
何も入っていません。
つまり、無条件で表示されるという意味になります。

注意が必要なのは、この例で、もしページ番号が逆になっていた場合、ずっとページ2が表示し続けることになります。
この宝箱で言うと、何度も開けられる宝箱になります。

また、イベントの途中でセルフスイッチの操作が行われています。
つまり、出現条件のチェックはイベントの途中では行われません。
一度、イベントが完了してから、次の出現条件のチェックが行われる仕様です。
ただ、自分が分かりやすくするために、イベントの最期に入れることをお勧めします。

マップに入ったら雨が降り始めるイベントを作る

この仕様を使って、マップに入ると一度だけ雨が振り始めるイベントを作成します。

ページを増やすには「EVページ作成」ボタンを押します。

このように、ページ1のトリガーを「自動実行」にし、ページ2のトリガーを「決定ボタン」にすることで、雨が振り始め、その後は何もしないイベントが完成します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-RPGツクールMZ, 攻略本レベル1 入門から初級

Copyright© RPGツクールMZ・MV初心者的備忘録 , 2020 All Rights Reserved.